お水の世界体験記

バイト探しで

女性画像バイトを探していたのですが、なかなか条件に合う求人がなくて困っていた時に、キャバクラの求人と出会いました。人と話をする事は好きだけれど、派手なファッションはしたことがなかったですし、お酒が強くなかったので心配でした。お客様とお話しすることだけは頑張っていると、段々と指名が貰えるようになりました。お酒が強ければ、もっと沢山お金が稼げると焦った時もありましたが、お酒が弱くても他のバイトと比較すれば、十分に稼げていたので、無理をしませんでした。メイクやファッションには疎かったのですが、キャバクラをはじめてからは、お客様がどのような雰囲気を好むのかや、自分に似合う物を探しているうちに、楽しめるようになりました。年齢が近い女の子ばかりと仕事をするので、お互いに流行の情報を交換したり、メイクのアドバイスをしてくれるなど、これから先、女性としての楽しみ方を教えてもらえました。コミュニケーション能力が向上したと思います。

キャバクラで学んだお金のこと

私は現在結婚し専業主婦として子育てをしながら忙しい日々を過ごしていますが、独身時代にキャバクラでバイトをした経験があり、その中でお金の管理方法や経済の仕組みを学びました。 私が働いたお店の給与の仕組みは、基本給は時給制度で、その他に指名料や同伴出勤時の手当てに、ある一定の売上に応じて支払われるボーナスもあり、自分の努力しだいで給与が増えるやりがいのある仕組みで、この求人条件が入店することになった一番のきっかけでした。 その中で失敗した経験も多々あり、売上を上げたいために口約束で後日支払いのつけ払いにしそのまま音信不通となり自分で支払ったこともあり、この時に金銭の貸し借りや管理の対応や書面に残す大切さを学びました。 また、お店で提供する食べ物や飲み物なども味や見た目のみで料金が決まるのではなく、キャストがお客さんが楽しみながら飲食ができるようその場の雰囲気を演出するなどでお客さんが納得した上で料金を支払いが成立し、そこで経済の付加価値という仕組みを学びました。 これらの経験は家計を管理や生活する中で役に立っており、失敗したことも今となっては思い出に残る貴重な体験でした。

めっちゃチェックしてバイト

サークルの友人に誘われてキャバクラでバイトをすることにしました。求人サイトを二人でチェックして、ここなら時給も怪しいほど高くないし良さそうだねという話になり、早速面接に行ってきましたが、すんなり二人とも面接が通ってその日からバイトをすることになりました。初めてなのですごく緊張しましたし、何よりもキャバクラでは独特のサインがあるのでそれを覚えるのに必死ですし、接客も年上の男性が多く、初日は卓まわりをして顔を見せて回りましたがそれだけでもどっと疲れました。当日にお給料をもらえたのにもびっくりしました。正直続けられないかもしれないと思いましたが、手にしたお金をみてこれなら頑張って続けられると思いました。実際アフターとかも経験を積めば緊張もほぐれますし、紳士的でお話の面白い会社の重役さんとか、何気にためになるので楽しいなと感じるようになりました。ただ、美容費が結構かかるのがイタイ出費です。普通のバイトよりも多くお給料をもらえるし、学生のうちはこのバイトを頑張ります。

日払い可に魅かれてバイトを始めました

すぐにお金が必要だったので、キャバクラのバイトをはじめました。家賃や携帯電話の支払いなど出費の時期に、たまたま飲み会や旅行の誘いも重なってしまい諦めようと思ったのですが、日払い可というキャバクラの求人をみつけたので、それなら全部諦めなくて済むと思いました。他のバイトに比べたらお給料が高いので、すごく大変なのかなという不安がありましたが、先輩が仕事も丁寧に教えてくれたり、スタッフさんのフォローもしっかりしていたので、他のバイトに比べても至れり尽くせりな環境に安心して働けました。求人でみつけたその日に面接もしてくれて、その日からすぐに働くことができたのもキャバクラのバイトがはじめてでした。ことがスピーディーに進むので、私の性格にぴったりでした。お給料のシステムも週払いや月払いなどいろいろ選べて、私が働いたキャバクラでは日払いもできたので本当に助かりました。働いたらすぐにお金の余裕がうまれて、なんだか心まで余裕ができた気がします。